ウクレレあれこれ:
今、静かなブーム“ウクレレ”

ウクレレってなんていってもその大きさがいい。どこにでも連れて行けるサイズです。
電車に乗ってるときでもじゃまにならない。車の助手席でだって弾けちゃうかわいい やつ。

ウクレレってなんといってもその音色がいい。底抜けに明るくて、ちょっとおまぬけ (?)な音色は、弾いてる人も聞いている人もみんな楽しくさせる魔力を持っていま す。
音量だってギターより小さいから、家の中だってそれほど迷惑にもならず、しっかり 弾けちゃいます。

ウクレレってなんといっても弾くのが簡単だからいい。ギターは6弦だけど、ウクレ レは4弦。その分弾くのは簡単です。べつにウクレレだからといってハワイアン ミュージックを弾かなくてもいい。ポップスでもロックでもなんでもいいじゃない。

ウクレレの種類

★スタンダード
ソプラノともいいます。ウクレレの中ではもっとも小さいサイ ズです。12フレットが一般的。まずはこれから始めましょう。 チューニングは一般的に4弦から順にG→C→E→Aです。 4弦をLow.G弦にかえると音階が広がりメロディーラインも弾きこなせるようになり ソロ時には有効。

★コンサート
ソプラノより一回り大きいボディ。弦の長さも長くなり、スタ ンダートに比べると音程も安定してきます。2本目以降にはおすすめ。 チューニングは一般的にスタンダートと同じ。

★テナー、バリトン
スタンダートからコンサート、コンサートからテナーとだん だんサイズは大きくなってきます。そして最大なのがバリトンになります。テナー以 上は弦の太さも違うし、バリトンではチューニングも変わり、ギターの1弦から4弦と 同じになります。

トップへ戻る
[ブランド紹介・ショッピング] [ウクレレの歴史] [ウクレレあれこれ] [レレタイガーへの道]
[ご注文の前に]
[ご注文]

Copyright 2000 FIRST HAND,Inc.All rights Reserved