●レーベル紹介

●Pineapple Juice
このレーベルはLocals Only社のレーヨン素材をメインとしたアロハシャツブランドです。
なんといってもヴィンテージ・モチーフを取り入れたアロハシャツが最大の特徴です。社長のSparky Doo氏はヴィンテージ・ハワイアンシャツのコレクターとしてもよく知られた存在です。Locals Only社の前身 「Yat Roy」は1886年に創立された由緒あるお店で、1930年代よりアロハシャツを製造・販売していました。 また一昨年からはメンズにおいては日本サイズでの展開を始めました。

[メーカー・オーナー紹介][商品ラインナップ]


●urban hawaiian
このレーベルはLocals Only社のコットンをメイン素材としたニューレーベルです。
ハワイの花はもとより、和柄を大胆に取り入れたプリントデザインの他、Tapa(ハワイの紙)風コットンやAsid wash加工、ハンブル・コットンにリバースプリントといった新素材や新手法に意欲的に取り組んでいます。メンズにおいては日本サイズでの展開です。

[メーカー・オーナー紹介][商品ラインナップ]


●Hawaiian Moon
このレーベルはLocals Only社の和柄専門のニューレーベルです。
Locals Only社の前身 「Yat Roy」で作られたアロハシャツのネームには当時このHawaiian Moonが使われていました。今回のタグネームはそれをアレンジしたものです。ボタンもバンブー製にするなどレトロな感覚を醸成しています。なお、メンズにおいては日本サイズでの展開です。

[メーカー・オーナー紹介][商品ラインナップ]


●Palaka Hawaii
このレーベルはLocals Only社のパラカシャツ専門のレーベルです。
パラカはアロハシャツの原型ともいわれ、ハワイでは特別な意味をもったシャツです。故国を離れハワイに移民し、農園等で働いていた日系一世が特に愛してやまなかった格子柄のシャツがこのパラカです。なお、サイズスペックは日本サイズとなっております。

[メーカー・オーナー紹介][商品ラインナップ]


●Kona Bay
「Kona Bay」は「Kilauea」の元オーナーが今までのKilaueaを越える品質の商品を作りたいということで2002年より立ち上げた新レーベルです。総生産枚数1,200枚の希少性なアロハシャツです。品質が良く、プリントにも抜染を採用するなどこだわりのレーベルと言えるでしょう。
ハワイで取扱っている店もオアフ島ではベイリーズ・アンティークのみ、心底アロハシャツが好きという方にささげます。縫製やシャツの細部のディテールにもこだわった商品です。
2005年モデルからはスペシャル版には「東京」の織りネームが付けられています。1885年日本からの初めてのハワイへの移民船の船名は「シティーオブ東京」
、ここから名付けられました。

[メーカー・オーナー紹介][商品ラインナップ]


●ALI'I by Iolani
「Al'l by Iolani」はIolani Sportswearが展開するブランドです。Iolaniはケイジ・カワカミによって1953年に創立されたハワイでも有数のアロハシャツメーカーです。このメーカーのオリジナルシャツは現在ヴィンテージハワイアンシャツとしては10万円以上で取引されるものもあります。縫製もヴィンテージハワイアンシャツに範をとり、とても品質が高く、使用される素材にも凝っています。

[メーカー・オーナー紹介][商品ラインナップ]


●Kilauea
「Kilauea」はハワイ島のアロハシャツ会社Kilauea Clothing社の製品です。独特のカラーと柄の面白さがこのレーベル最大の特徴と言えるでしょう。とくに「和」のテイストを生かした同社のシャツはたびたび雑誌などでも紹介されています。縫製もかなりいい部類に入ります。まさに今後の展開が楽しみなレーベルの登場です。

[商品ラインナップ]


●Kamehameha
「Kamehameha」はKamehameha Garment社のレーベルです。
この会社は1936年に設立され、アロハシャツメーカーの中でももっとも古くからある会社の一つです。「Kamehameha」のオリジナルアロハシャツはコレクター間では数百から数千ドルの価格が付けられるほどです。1996年にはハワイのファッション協会から、トラディショ ナル部門における“Manufacture of the Year”に選出されました。
また2001年Kamehameha社は、「FORBES」誌が選ぶアメリカの50社にあのティファニー社などとともに選出されました。

[メーカー・オーナー紹介][商品ラインナップ]


●Avanti
「Avanti」は自社のアロハシャツのほとんどをシルクで作っています。もともとシルクは、プリント・カット・縫製ともに難しい素材なのですが、中国でそれを作ること で克服しました。「Avanti」のアロハシャツはヴィンテージのレプリカが中心で、ヴィンテージの良さをシルクという素材上に表現した、現在ハワイでもっとも注目を浴びているメーカーの一つです。

[メーカー・オーナー紹介][商品ラインナップ]


●Paradise Found/ Diamond Head
この2つのレーベルは両方ともPacific Clothing社で作られています。素材もレーヨ ンにはこだわらず、コットンやコットン・ローンなどの素材も取り入れています。特にこのメーカーはオリジナルデザインに積極的に取り組んでおり、続々とニューデザインのアロハシャツが発表になります。



[メーカー・オーナー紹介][商品ラインナップ]



●Nake'u Awai

「Nake'u Awai」はハワイのオアフ島に住むファッションデザイナーで、Kalihiに自身のショップがあります。Nake'u Awaiのシャツの特徴は何といっても、あらかじめプリントされた生地にさらにネイティブなオリジナルモチーフを重ねてプリントする、プリント・オン・プリントになります。それが独特の雰囲気をかもし出し、コアなファンより熱狂的な支持を集めています。1サイズにつき2枚しか同じ柄は作らないという徹底的な少量生産により、希少性はとても高いものがあります。


[メーカー・オーナー紹介][商品ラインナップ]


●Klakaua

その昔「百虎」を生産していたブランドとして知るひとぞ知るKalakaua♪ そのブランドが現代に蘇りました!Kamehamehaのセールスマネージャーを長年つとめていたLen氏が商標を取得し、数年前に立ち上げました。もちろんロゴも当時そのままのこの「An Original KALAKAUA Made in Hawaii」をそのまま踏襲しています。
商品の特徴はその生地にあります。コットン55%・レーヨン45%の生地を使用し、洗濯などに神経を使うレーヨン100%製品より扱いしやすくなっています。


[メーカー・オーナー紹介][商品ラインナップ]



トップへ戻る
[メンズ半袖アロハ][メンズ長袖アロハ][レディスアロハ][キッズアロハ]
[サイズ表][アロハシャツの歴史][アロハシャツの分類][ご注文の前に][ご注文]

Copyright 2009 FIRSTHAND, Inc. All rights Reserved